月別アーカイブ: 2016年6月

ミドルウォレット 試作③

前回のミドルウォレット試作、第二弾を修正して試作品を作りました。

ミドルウォレット

サイズは150 × 90です。

サイズ感は今までの中でも一番いい感じです。

床革だけど緑もとてもいい感じ。

仕様は

基本的には前回と同じです。

カードケース4つ、フリースペース2つ、小銭入れ(ファスナー)、札入れ

 

 

中はこんな感じ。

ミドルウォレット

ミドルウォレット

ミドルウォレット

札入れは前回多少左右の深さを変えていたのを同じ長さに戻しました。

前回
ミドルウォレット

 

で今回、大きく変えたのは札入れの部分です。

前回
ミドルウォレット

前回のはどうしてもロングウォレットのように開くと外装と内側の札入れ部分の寸法が違う為、よじれていました。

特に札入れ部分の左右の深さも変えていた為、余計片方に偏ってよじれが出てしまいました。

 

今回は札入れを赤矢印のような構造にしてみました。

ミドルウォレットを探しているとたまにこの形を見かけます。

ミドルウォレット

良く考えらてますよね。

通常は少し矢印の部分のように隙間があってしっかりと遊びの部分が出来ています。

ミドルウォレット

しかし開くと隙間の遊びの部分がしっかり埋まってほぼよじれは無くなりました。

レザークラフト

ミドルウォレット

実際は今の所、床革を使っていて革としてはちょっとヨレヨレなので型紙の修正は今後必要かなと思っています。

 

【次回の修正点】

これでも使い勝手は十分良いけど、修正点をあげるならここかな。

ひとつ目はココ

ミドルウォレット

閉じた時にファスナーの金具とぶつかってします点ですかね。

 

もう一つはココ

ミドルウォレット

札入れの所が左右一枚分革が足りないので、閉じたときになんか不恰好、もちろん床革で適当にコバ磨きを済ませているせいもありますが・・・・試作なので勘弁ください。

この部分も次回の反省点として修正してみます。

ではまた!

 

ブログランキング参加中です。

↓どちらか片方でもとポチッとして頂けると、うれしいです。


革・革小物 ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

最後までレザークラフトの記事を読んで頂きありがとうございました。

 

ミドルウォレット 試作②

ミドルウォレットの試作品 第二弾です。

前回前回の感想)の試作品を踏まえて大幅に変更しました。

ミドルウォレット

サイズは 145 × 88です。

サイズは基本的には150×95くらいで考えていますが微妙な違いが見たかったので少し変えてみました。

左が前回(150×95)、右が今回(145×88)

ミドルウォレット

仕様は

カードケース4つ、フリースペース2つ、小銭入れ(ファスナー)、札入れ

 

 

前回と大きな違いは左にカードケース右にコインケースにした点です。

今回
ミドルウォレット

前回
ミドルウォレット

 

写真のような持ち方で使うような仕様にしています。

ミドルウォレット

持ち方の話は前回書いてますのでそちらをどうぞ!

 

左にカードケース4つ、フリーポケット1つ、

右にコインケースとフリーポケット1つです。

ミドルウォレット

ミドルウォレット

 

札入れの所に開きやすいように指入れを作ってみました。

ミドルウォレット

 

 

札入れの深さを左右長さを変えて作ってみました。

ミドルウォレット

 

【使用後の感想】

試作品を数日使用してみました。

感想としては微調整は必要ですが、全然悪くない感じです。

 

持ち方を指定すれば、カードケースが左、コインケースは右の方が前回のよりは無駄に持ち方を変えずにしっくり来る気がします。

ミドルウォレット

札入れの深さをわざわざ左右長さを変えるべきかは少し迷います。

あとはブログの文章で伝わるかわかりませんが、今回のミドルウォレットはハーフウォレットの使い方をイメージして作っています。

仮にロングウォレットを使用する感覚で曲げた場合に基本的に内側の札入れ部分が外側の外装部分より寸法上短く作ってあるので寄れが生じます。

ロングウォレットの持ち方
ミドルウォレット

内と外の革の長さが違うので曲げると寄れる
ミドルウォレット

こういったロングウォレットの持ち方をする人もいると思うので、この辺の構造上の修正は必要になってくるのかなと思っています。

 
ブログランキング参加中です。

↓どちらか片方でもとポチッとして頂けると、うれしいです。


革・革小物 ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

最後までレザークラフトの記事を読んで頂きありがとうございました。

 

ミドルウォレット 試作①の使用後の感想

前回ミドルウォレットの試作品を作成・使用して思うことがあったので今日はそのことについて書いていきたいと思います。

ミドルウォレット

あくまで前回ミドルウォレットの試作品を使用しての私の感想なので適当に読んでもらって結構です。

 

前回のミドルウォレットを製作する際に色々なミドルウォレットを参考にしたのですが最も困ったことはコインケースとカードケースの左右の位置関係です。

私の場合は、

ロングウォレットだと開いた時に左にコインケース、右にカードケース

ハーフウォレットだと左にカードケース、右にコインケースの構造で作っています。

ロングウォレット

 

ハーフウォレット

いろいろなロングとハーフウォレットを参考にしてきたのですが、私の場合は、何の違和感もなくこの位置関係で作っていました。

もちろん、作る人によってはこれが逆の場合もあります。

 

ミドルウォレットの場合は、色々参考にみてるのですが、コインケースとカードケースの左右の位置関係は若干ですが、左にコインケース、右にカードケースが多かった気がします。

なので前回の試作品の第一号は左にコインケース、右にカードケースで製作しました。

ミドルウォレット

 

 

あなたは下のロングウォレットとハーフウォレット開いた時にまず左手でどこを持ちますか?
*左手で財布持って右手で札や小銭の支払いの場合

ロングウォレット

ハーフウォレット

 

多くの方が赤線の部分を左手で持つのかなと思います。
*ロングウォレットは厳密に言えば曲げて赤線と黄緑線の両方かな?

ロングウォレット

ミドルウォレット

 

では前回の試作品のミドルウォレットはどうでしょう。

ミドルウォレット

文字通りミドルは中間で、ロングとハーフの間です。

使う人がロングをイメージしてれば赤線、ハーフをイメージしてれば青線を持つんじゃないかなーなんて思っています。というのが前回作成した試作品を使ってみての感想です。

 

私のイメージでは左にコインケースなのでロングに近いカタチ、赤線部分を持って使用するイメージで試作品を作りました。

使ってみると赤線の部分を持つとお札が取り出しにくかったです。

ミドルウォレット

実際、小銭を出すときは赤線、お札は持ち替えて青線、カードはどっち持ってたっけ?と赤と青をその都度持ち替えながら使ってたのでとても使いづらかった印象です。

このカタチのミドルウォレットは結構多かったのでこういった悩みの方はいないのかなーなんて考えてしまいます。

 

もしくは私が細かすぎるのかも・・・

個人的には普通財布はどこを持ってどうやって使ってくださいなんて言われることはなく当たり前のように使っているけど、ミドルウォレットは持ち方や使い方など、作り手側の製作意図を示すのも有りなんじゃないかと思いました。

次回はその点も考慮して製作してみたいと思います。

 

ミドルウォレットは使い勝手悪そうだから作るのを避けてきたけど、色々改良しがいがあってちょっと面白いかも。

 

ブログランキング参加中です。

↓どちらか片方でもとポチッとして頂けると、うれしいです。


革・革小物 ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

最後までレザークラフトの記事を読んで頂きありがとうございました。

 

ミドルウォレット 試作①

ミドルウォレットの試作品第一号です。

ミドルウォレットは使いづらいイメージがあったので今まで避けてきたウォレットの一つです。

なので取りあえず色々なミドルウォレットを参考に型紙を起こして作ってみました。

ミドルウォレット

サイズは 150 × 95です。

仕様は

カードケース4つ、フリースペース2つ、小銭入れ(ファスナー)、札入れ

 

 

【機能】

左に小銭入れ、右にカードケース、フリーペースを付けてみました。

ミドルウォレット

ミドルウォレット

ミドルウォレット

ミドルウォレット

 

【使用後の感想】

実際に数日間使用してみました。

使用した感想ですが、床革という事を考慮しても取りあえず使いづらいです。

この構造だとコインケースと札入れの位置関係も良くないしお札が取り出しにくい気がします。

それともう一つミドルウォレットに関して気になる事があったので、その話はまた次回やりたいと思います。

 
ブログランキング参加中です。

↓どちらか片方でもとポチッとして頂けると、うれしいです。


革・革小物 ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

最後までレザークラフトの記事を読んで頂きありがとうございました。

 

ミドルウォレット 試作品

レザークラフトを始めるまで正直ミドルウォレットはあまり馴染みのある財布ではありませんでした。

私の中で財布といえばロングかハーフでした。

 

ミドルウォレット

財布は紙幣、コイン、カードの規格があって基本的にはその条件に合わせて設計されているものだと思います。

私も初めの頃は少しでも奇抜で他にない新しい財布をつくってやろうと思ってたのですが、よくよく考えると決められた規格の中で作らないといけないので、コイン、カードケース、札入れなど機能はなかなかイジリようがないです。

もちろん素材やデザインでコンセプトなどで違いは出す事は可能だと思います。

 

ロングやハーフウォレットが規格条件に合わせて作られている財布に対してミドルウォレットはどちらかというと「この位の大きさの財布が欲しい」ところから始まっている気がします。

ロングやハーフウォレットが条件に合う機能を詰め込んで出来た大きさなのに対し、ミドルウォレットは財布のサイズが決まってその中に機能を詰め込んだイメージです。

個人的にはミドルは札入れが深くお札が取り出しにくい気がします。

しかし、ゆくゆくはレザー商品を販売したいと考えているので商品のラインナップとしてはミドルウォレットは外せないのかなと思っています。

次回はミドルウォレットの試作品作りを紹介したいと思います。

ではまた!

 

ブログランキング参加中です。

↓どちらか片方でもとポチッとして頂けると、うれしいです。


革・革小物 ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

最後までレザークラフトの記事を読んで頂きありがとうございました。