月別アーカイブ: 2015年8月

ケガにはご注意!

昨日、久々にやってしまった―!

革の裁断中にカッターナイフで親指の皮を削いでしまいました。革でいう銀面のところ!初歩的なミスすぎて情けない↴

良さげな定規を見つけたのでそれを試しに使って裁断してた矢先だったのでテンション下がりまくり。100均で見つけたアルミのガードが付いた30cmの定規です。もちろん定規のせいではないですが・・・・・

定規

 

分かってはいたけど裁断はやはり定規を使わずに綺麗に真っ直ぐ切れるようにならなければと実感しました。つい定規に頼ってしまいます。まだまだ修行が足りないですね。

かなり血が出たので親指の根元をおさえて止血して絆創膏を貼りました。

止血

今の絆創膏ってすごいのが出てるんですね。ケアリーブってやつです。何でも肌の持つ自然治癒力みたいなやつを活用して治すみたいです。キズあとも残りにくいとか。

Lサイズ9枚で600円くらいでした。レザークラフトしてるとカッターや針を使うので絶対ケガはしないとは限らないので、もしもの為に買っておいた方がいいでしょうね。

3日くらい付けっぱなしで良いらしいので剥がすのがちょっと楽しみです。綺麗に治ればいいけどね!

ケアリーブ

絆創膏

次回作を検討中・・・

新作(iphone6ケース)はご覧いただけたでしょうか?

画像をクリックすると写真の商品説明に移動します。

DSC00298へDSC00295へDSC00296へDSC00297へ

 

早速ですが、次回作の製作を考えているところです。

DSC00306

予定としては、上記のバージョンのカードポケットをひとつ減らしてカードポケット1個、フリーポケット1個もしくはフリーポケットのみのパターンを計画しています。

価格はカードポケット1個、フリーポケット1個で8800円、フリーポケットのみ7800円くらいになると思います。

出来るだけお求めやすい価格の商品を頑張って作っていけたらと思っています。

 

ピッグスエード(豚革)を貼る

スマホケースのフリーポケットの所にスエード(豚革)を使っています。

ピッグスエードを使うことで柔らかく温かみのあるとても上品な仕上がりになります。

DSC00293

 

DSC00306  DSC00312

 

ただし、カードポケットの裏側にはスエードは貼っていませんのでその点はご了承ください。

DSC00504

 

*注意  作り方は製作物(商品)によって違いますので、それぞれの製作物で確認してください。

iPhone6ケース 手帳型 オリンピック風 No011

以下の商品は現在、販売しておりません。

DSC00464へ

上記商品は展示品です。

商品はミンネで購入できます。⇒https://minne.com/mugworks

【作品説明】
余った革で作ったらオリンピックの五輪の色っぽくなりました。スマホケースをクリア(透明)にすればもう少し赤が目立ったのにと反省です。
機能はスマホケースとフリーポケット1つです。ホックは金メダルをイメージしたブラスでアンティーク風の金色です。

色鮮やかでどんな風なのが完成するかワクワクして作っててとても楽しかったです。

レザークラフト! サイコ―!

 

↓↓↓ ここからがミンネで見れなかった写真の追加分になります。 ↓↓↓

 

<iPhone6ケース 手帳型 オリンピック風 No011の製作方法>

・カシメで固定

・芯材を入れる

 

<iphone6ケース 手帳型 オリンピック風 No011の詳細・画像>

①側面(コバ)

 

②革の表面

 

・黒は少しシワが大きいかも?

 

③厚み(約1.4mm)、重量(77g)

 

④カメラ穴、ベルト

 

・ベルトの厚みは薄い所で1mm、柔らかく使いやすいです。
・ホックはブラスでピカピカのゴールドというよりはアンティーク品のような少しレトロな感じのものです。少し金メダルをイメージしてこの色にしました。

 

今回は余った革で作ってたら偶然にオリンピックの五輪の色っぽくなったからオリンピック風なんて名前にしてみたんですが、イメージカラーで作るのも面白いかなと思いました。

iPhone6ケース 手帳型 No010

以下の商品は現在、販売しておりません。

DSC00297へ

 

商品はミンネで購入できます。⇒https://minne.com/mugworks

【商品情報】
・iPhone6用スマホケース(牛革を使用)。
・写真の現物1点のみ。
・送料無料。

【商品説明】
・外側はタンローをシックな青に染色しています。
・内側のフリーポケットの所にピッグスエード(豚革)を使っているのが他スマホケースと違うところです。柔らかくとても上品に仕上がっています。
・折り目の部分は初めは少し固いかもしれませんが、使っていると馴染んできて柔らかくなります。
・スマホケースはカシメという金具で固定しています。(詳しくはブログで。)

【機能】
・スマホケース1つ
・カードポケット2つ
・フリーポケット1つ

【素材】
外側:タンローを染色(青)
内側:サドルレザー、ピッグスエード(あずき)
糸:麻
ホック:ブラス

【サイズ】
大きさ:iPhone6本体より一回り大きい
重量:76g
厚み:約1.7mm(閉じたときのベルト部分の厚みは除く)

 

↓↓↓ ここからがミンネで見れなかった写真の追加分になります。 ↓↓↓

 

<iPhone6ケース 手帳型 No010の製作方法>

・カシメで固定

・ピッグスエード(豚革)を貼る

 

<iphone6ケース 手帳型 No010の詳細・画像>

①側面(コバ)

 

②革の表面

 

・革の状態は良いです。

 

③厚み(約1.7mm)、重量(76g)

 

④カメラ穴、ベルト、ケース、スエード

 

・ベルトの厚みは薄い所で1mm、柔らかく使いやすいです。
・ピッグスエードは落ち着いたあずき色で柔らかくとてもきれいです。
・ホックはブラスでピカピカのゴールドというよりはアンティーク品のような少しレトロな感じのものです。

 

【注意】
汚れ、しわ、しみ、ムラ、キズ、血筋などの革の特徴(評価)はあくまで私の裁量で載せています。人によっては別の部分で気になる場合もあるかと思います。その点はご了承ください。
気になる方はお問い合わせよりご連絡ください。

商品はミンネで購入できます。⇒https://minne.com/mugworks