カテゴリー別アーカイブ: 型紙

小銭入れの製作

小銭入れの製作をします。

今回はシンプルな小銭入れに挑戦したいと思います。

前回の小銭入れ
レザークラフト

 

ではまずカタチを決めます。

この財布は以前購入して使っていたものです。

このくらいコンパクトの方が仕事なんかでは邪魔にならず使いやすいけど、コインケースにマチがなく小銭がとても出しづらかったので少し自分なりにアレンジしてみたいと思います。

コインケース

 

床革を使って形を決めます。

今回はよりコンパクトにするためちゃんとしたカード入れは作らず、フリーのスペースにカードを入れて使う仕様にします。

一応、内装はそのままでラウンドファスナータイプとかぶせタイプの2パターン作ってみようと思います。

コインケース

 

次にJWCADで型紙を作ります。

まずはかぶせタイプの小銭入れを製作します。

型紙

 

プリントして厚紙に貼って型紙を作ります。

型紙

 

完成した作品は次回紹介したいと思います。

 
ブログランキング参加中です。

↓どちらか片方でもとポチッとして頂けると、うれしいです。


革・革小物 ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

最後までレザークラフトの記事を読んで頂きありがとうございました。

 

ラウンドファスナーの型紙製作

今回はラウンドファスナーの型紙製作について書いていきます。

ラウンドファスナーウォレットは作ったことあるので型紙自体はあるのですが、多少変更したい箇所もあったので、新たに型紙を作り直してみたいと思います。

前々からjwcadで型紙を作ってデータで管理しておきたかったので、今回はJWCADで型紙製作に挑戦してみようと思います。

 

まずはラウンドファスナーウォレットの型紙の寸法を決めます。

ラウンドファスナー

 

次にJWCADを使って型紙を作成していきます。

型紙

CADはAuto CADやCATIAは使った事あるのですが、jwcadは初めてで思ったより面倒でした。

直線と曲線が引ければそんなに難しくないけど、そんなに使わないから操作方法をすぐ忘れそう。

 

次にプリントするのですが、今プリンタが壊れていて使えないのでコンビニでプリントしてきました。

たまにコンビニのプリンタを利用してるのですが、家のプリンタはA4サイズまでしかプリントできないので三つ折りの財布の型紙が収まらないことがあります。そんな時はA3までプリントできるから結構ありがたいです。

型紙
・ちなみにセブンイレブンの普通紙プリントで白黒でB5/A4/B4/A3サイズ:1枚10円です。
・jwcadのデータを利用してコンビニ(セブンイレブン)でプリントする場合は一度PDFやJPEG、TIFFなどに変換する必要があります。

 

そして、方眼紙に貼ってカットして完成です。

レザークラフト、型紙

 

財布の型紙はそんなに複雑でもないので図面は手書きで描いて保存しておいて、型紙がボロボロになったらまたその寸法値で型紙を作り直せばいいとは思うのですが、R(半径)とRの交わるところや大きなRのところは、jwcadやその他のCADソフトを使った方が良いのかなーなんて思っています。

型紙

 

次回はこの型紙を使ってラウンドファスナーウォレットを製作してみたいと思います。

 

ブログランキング参加中です。

↓どちらか片方でもとポチッとして頂けると、うれしいです。


革・革小物 ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

型紙の整理

最近は昔作った作品の予約投稿の記事ばかりだったけど、今日はリアル投稿です。

とりあえずボツになった型紙などを整理したいと思います。

型紙

 

再利用する型紙と捨てる型紙、データとして残す型紙に整理しました。

型紙

 

データに残す型紙はJWCADでまとめておきます。

型紙

CADで型紙のデータを残しているので型紙をなくしてもプリントアウトすればいいので凄く楽になりました。

 

今月はミンネで作品の販売を再開しようと予定を立てています。

興味のある方はチェックしておいてくださいね。

 

ブログランキング参加中です。

↓どちらか片方でもとポチッとして頂けると、うれしいです。


革・革小物 ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

最後までレザークラフトの記事を読んで頂きありがとうございました。

 

2015年のレザークラフトの総括

あと少しで2015年も終わりですね。

今年は財布の試作品を作りながらミンネでスマホケースの販売を開始しました。
*現在は販売を休止していますが、価格を見直して再度販売しようと思っています。

床革が主に中心だったけど、今年は本当にたくさんのスマホケースや財布を作りました。

来年の目標は財布を商品化することかな。

それと当初、ミンネで販売する商品の写真が最大5枚までしか紹介できなかったのでそれを補う目的でブログを始めたのですが、最近だんだん趣旨がかわってきている気がしていて、ブログのタイトルやその中身もちょっと変更しようかなとも思っています。

また全部は紹介しきれないかもしれないけど、ミドルウォレットなどまだまだたくさんの試作品があるのでお正月中に出来るだけ頑張って記事をまとめます。

よくよく考えると試作品なんか紹介してもどうなのかとは思っているのですが、無名の一個人がハンドメイド商品を販売しようとしたときに、製作過程を知ってもらうのは絶対必要かなと思って記事を書き始めました。

そもそも試作品というより練習品みたいな感じですけどね。

 

で、現在の悩みは型紙を整理したいことですね。

ひとつの作品でも大小様々なパーツがあるのでまとめづらいんですよね。

置く場所に困ってます。

型紙

レザークラフトやってると本当に型紙は大事ですよね。

電子データで作っておいた方がいいかなーと思っていて以前も書いたような気がするけど、jwCADあたりでまとめたいのですが、直線と曲線覚えるだけだろうけど、なかなか重い腰があがりません・・・。

CAD系のソフトは以前CATIAやAUTOCADを仕事で扱っていたので覚えれそうだけど、それでもめんどうです。

今年の残りの目標は型紙を整理するで決定!

あと多分、今年最後のブログ更新です。

 

2015年も残り数日ですが、

みなさんの2015年が良い年でありますように!

そして2016年良いスタートがきれますように!

 

 

ロングウォレット試作品作り!始動!

今回はレザークラフトの醍醐味といって良いロングウォレットの製作を始めたいと思います。(試作品)

ロングウォレットに関して言えば、割とレザークラフトに関する本を買えば型紙なんかが付いてたりしていて情報は豊富だと思います。

ここではもちろんオリジナルのロングウォレットを作りますので型紙から製作していきたいと思います。

 

【全体の寸法を決める】

ロングウォレットを型紙から作るときにまず一番に困るのが全体の大きさをどのくらいにするかという事だと思います。そこで色々なロングウォレットのサイズを手当たり次第調べてみました。

レザークラフト

 

寸法に関しては製作方法(手縫いとミシン)で寸法は多少違うようです。

かなりザックリですが大体このくらいの寸法でした。

≪手縫い≫
縦 190~200   横 95~100

≪ミシン≫
縦 186~190   横 90~95

手縫いとミシン縫いでは革の厚みや糸の大きさ、縫い方が違うので全体の大きさは5mm程度違っているようです。

取り合えず、私は縦195、横95で製作しようと思います。

 

【内装を決める】

まず形は通常の2つ折りのロングウォレットでいこうと思います。

今まで色々な手縫いロングウォレットを見てきましたが、2つ折りのロングウォレットは思ったよりカードの収納スペースが少ない気がしました。特にライダース系のロングウォレットはカードケースの収納スペースが少ない気がします。これはバイクに乗るから少なめに作ってあるのかなー?

ロングウォレットでも最近人気のラウンドファスナータイプはの財布はカード10~12枚は入るので需要はありそうな気がします。

ということで、内装はカードの収納スペースを多くとる作りにしてみたいと思います。

 

【外装を決める】

今回外装はそこまでこだわってないのでノーマルタイプでも良いけど、差し込みベルトのタイプで製作してみたいと思います。

 

【型紙の製作】

以上をもとに型紙の製作をしました。

型紙

ということで次回は作品を紹介したいと思います。