カテゴリー別アーカイブ: セミロングウォレット(試作)

セミロングウォレットの試作品作り

今回はこれです。

セミロングウォレット

このセミロングについては結構これまでの色々と試したかった事は詰め込んだので、説明が大変かもです。

サイズは180 × 95

仕様は

コインケース(ファスナー・マチ無)、カードケース9、札入れ1、フリーポケット大3、小1

 

 

まずベルトは前回のロングウォレットのベルトを使用している点です。

当たり前ですが、寸法通りに作ってるので使えます。

差し込みベルト

 

 

最近はポリエステルの糸ばかりだったので、久々に麻糸で縫ってみました。

麻糸での作ることはあまり考えてなかったけど思ったより良い感じでした。

商品にするならその辺も決めて行かないといけないなと思っています。

 

革は安上がりな床革を使ってるので作品で一番お金が掛かってるのが実は糸なんですよね。

 

あと、前回のセミロングは175mmで作ってたんですが今回は180mmで試した事です。

使ってみてやっぱり多少ゆとりはあった方が良いかなと思いました。

セミロング

セミロングの定義ってどのくらいの大きさからだろうなんて思っちゃったりしましたが、呼び方なんてお店によって違うし、まぁその辺は適当でいいかなと。

 

あとはコインケースをファスナーのマチ無の使い勝手を試したり、内側のカードケースの構造を変えてみたり、札入れのマチの開きを微妙に変えたりあげればキリがないですが、そんなところです。

 

最後に全体はこんな感じ。

床革

セミロング

セミロングウォレット

厚み
ブログランキング参加中です。

↓どちらか片方でもとポチッとして頂けると、うれしいです。


革・革小物 ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

最後までレザークラフトの記事を読んで頂きありがとうございました。

 

セミロングウォレットの修正

前回、製作していた175mmのセミロングウォレットの試作品の札入れ部分のマチを修正してみたのでアップしてみます。

長財布

 

もともと1万円札がギリギリ入るサイズの財布ですが、お札を入れた時にとても窮屈だったのでマチのサイズを少し変更してみました。

セミロングウォレット

 

 

まず、財布をバラします。今回はマチの部分のみです。

マチ

マチ

 

バラした財布に1万円を置いてみたけど本当にギリギリのサイズで作っているのがわかります。

セミロング

 

新しいマチを作って仕立て直してみます。

左が前回、右が今回のマチです。少しマチの下部を小さくてみました。

マチ

 

修正完了。

レザークラフト

 

では早速一万円札を入れてみます。

札入れ

お札を入れた時の下の部分の窮屈な感じは前回よりなくなりました。

もともと財布自体がお札に対してギリギリのサイズで作っているので、両側マチ以外の構造のマチで作らないとこれが限界かなと思います。

お札が入らない訳ではないので、ロングウォレットでは少し長すぎるんだって方にはちょうどいいのかなーなんて思っています。

 

ちなみに、

レザークラフト

一万円がお札の中では一番横幅が大きいので一万円が入るサイズにこだわりましたが他のお札はもう少し小さいので余裕があります。

 

現在発行されてるお札の横幅の規格は

一万円札 160mm

五千円札 156mm

二千円札 154mm

千円札 150mm

縦は76mmです。

ひとつ前は福沢諭吉(160mm)、新渡戸稲造(155mm)、夏目漱石(150mm)です。

 

悲しいことに私は一万円札は滅多に財布の中ではお目にかかれないのでこれくらいギリギリの札入れの大きさでも十分ですけど・・・

セミロング作りいい経験になりました。

ではまた!

 

初挑戦!セミロングウォレット試作

今回はセミロングウォレットを作ってみました。

セミロングウォレットって名前が正しいのかわかりませんが、ロングウォレットを190mm~とすればそれよりちょっと短いのでセミロングって感じですかね。

今回の財布のサイズは縦175mm、横90mmです。

今回も試作品なのでオール床革で作ってます。

長財布

レザークラフト

仕様

内装 : カードスペース9枚(5,3,1)、小銭入れ(ファスナー)1、札入れ1、フリースペース3つ
外装 : 差し込みベルト

 

 

【特徴①】

カードスペースは札入れの所に3つ、上部に5つ、正面の小銭入れの所に1つ計9つ付けています。

長財布

カードスペース3つの裏に1つと、カードスペース5つの裏に2つ計3つフリースペースを作っています。

 

 

ロングウォレット

レザー

 

【特徴②】

前回のロングウォレットと同じく小銭入れと札入れの間にポイントカード入れのスペースを作っています。

今回は横幅100mm、深さ55mmにしてみました。横幅は余裕をもってもう10mmくらい大きくしてもいいかなと思っています。

レザークラフト

 

【特徴③】

小銭入れの前にはカードスペースを1つ付けてみましたが開きは問題ないです。

財布

 

【特徴④】

コンパクトサイズで扱いやすいです。

左が195mm、右が175mm並べるとかなり小さい気がします。

レザークラフト

ポケットに入れると20mm小さい分結構しっかり納まります。

写真は同じジーンズ(メンズ用)に入れて撮影してみました。女性で190mm以上のロングウォレットだとポケットに入れるとかなり財布が見えるのでセミロング(175mm)くらいがちょうど良いかもしれません。

ロングウォレット

長財布

 

【改善点①】

改善点は札入れのサイズがギリギリなのでマチの部分を少し改良する必要があるかなー。

今回は横幅が175mmで1万円札の幅が160mm、マチの下部を1.0mm×2枚で作っちゃったので下の方で少しつかえてしまいました。入らなくはないですが、綺麗に入れたい。

多少マチを修正して作り直せばいいかなとは思いますが結構ギリギリかも?

最悪175mmから180mmに変更するかもしれません。その点はもう一度マチの部分を作り直してから考えます。

レザークラフト

 

【改善点②】

改善というか改良する予定ですが、床革だから気にならなかったけど床革以外の革で作った時に絶対赤線の部分のコバを揃えるのと磨くのをどうするか問題になると思うのでここは少し形を変更しようかなと思っています。

革

 

【使用後の感想】

個人的にはこのくらいの大きさがちょうど良いかなと思いました。

収納スペースも多くカードも9枚入るし、いう事なしかななんて思います。

あとはお札をストレスなく、出し入れできるかにかかってますますねー。