大容量ロングウォレット試作品!

前回作った型紙でロングウォレットの試作品を作ってみました。

材料はすべて床革を使用しています。

長財布

レザークラフト

仕様

内装 : カードケース16(6,6,4)枚、札入れ1、コインケース(ファスナー)、フリースペース2、ポイントカードスペース1

外装 : 差し込みベルト

 

 

【特徴①】

カードケースは上部に6枚、札入れの所に6枚、コインケースの前に4枚の計16枚入るように作りました。
6枚ずつのカードケース入れの裏にはフリースペースが1つずつあります。

ロングウォレット

レザークラフト

レザー

長財布

 

【特徴②】

サイズがまちまちな紙のポイントカードを入れるスペースを小銭入れの横に作ってみました。
横幅は13cm、深さは5.5mmのスペースです。

長財布

裏は2重に縫ってしっかり補強しています。

ロングウォレット

 

【改善点】

わかってはいましたが、小銭入れの前にカード収納を4つ付けている為、カードが一枚の板になってお金を出すときに開きにくいのが欠点ですね。
カード収納が無くても12枚は入るので、小銭入れ側のカードケースは外すか1枚だけカード収納を付けるかの方が良い気がしてきました。

レザークラフト

↓カードを外すと開きやすいからこっちがやっぱりカード収納なくていいかなー。

作り方

 

【使用後の感想】

1週間程試しに使用したのですが、収納も多くとても使いやすかったです。

普段良く使う紙のポイントカードが2枚あるのですが、ポイントカードスペースは結構使えるなと思いました。

改善点にも書いたのですが、小銭入れ側のカードスペースはお金が出しにくいからいらないかな。

ロングウォレット

あとこれは使ってみてからわかったのですが、今まで差し込み式の財布は使った事はありませんでした。

理由は閉まってるのか空いているのかどっちつかずなイメージがあって中途半端ならなくて良いし、しっかり閉めるなら閉めるでホックやファスナーの方が良い感じがしてたからです。

でも使ってみると普通に使う分には開くことはないし、開く時も普通の二つ折りを開くみたいにすればスーッとベルトが取れるのでとても使いやすかったです。

ちょっと差し込み式ベルトの財布っていいかも!

内装についての再修正は小銭入れ側のカードスペースを除くのとあとは小銭入れを差し込み式がホック式で作ってみてもいいかなぐらいですかね。

外装についてはゆっくり考えたいと思います。