製作状況 2015年10月現在

取りあえず新たにラウンドファスナーの2つ折りの短い財布の試作品を4つ程作ってみたのでアップしてみます。特に今、チカラを入れている作品です。外側の革の色は床革に染色してます。

レザークラフト

 

 

①カードケース横バージョン
カードを横から入れるタイプです。カードは3枚。カードケースとコインケースの裏にフリーポケットを1つずつ計2つ付けてみました。一応それぞれカードが2~3枚は入れることが出来るのでカードは7枚以上は収納できそうです。

 

 

②カードケース縦バージョン
①のカードケースが縦に入れるタイプです。カードケースを縦か横かでかなり見た目が変わってきます。実際に使ってみての感想は①は札入れが少し②より深めなので手が小さい人は少し使いづらいかな。大きさはほぼ同じで容量も同じです。

 

 

③カードケース縦のコインケースがファスナータイプ
コインケースをかぶせ(ホック)のタイプを中心に考えていたので、ファスナーで作れないか取りあえず挑戦してみました。個人的にはデザインは気に入っているのですがコインが取り出しづらいのが気になったので、改良が必要です。

 

 

④カードケース 折りたたみ式
カードケースを折りたたみ式にしてホックで止めれるようにしてみました。悪くはないけど・・・・・。
嫌いではないけど、個人的にはシンプルなものが好きなので商品にするかは微妙です。

 

 

【使用してみての感想】
①②③④それぞれ実際に使ってみましたが、使いやすさ(機能性)は②が一番かな。次に①で④もそれほど使いづらくはないけどカードを出す時が広がるのでちょっと問題アリですね。③はコインケースに改良の余地ありといったところです。

①については外側の革の厚みは1mmで作ってみたのですが、少しボリュームが足りないかなと思いました。革の厚みで雰囲気も変わってきます。やっぱり2mmくらいほしいかな。1.5mmだとどうだろう。

↓外側の厚み1mm
レザークラフト

↓外側の厚み2mm;
床革

 

最近はラウンドファスナーの2つ折りの財布ばかり作ってます。そろそろカタチも見えてきたので、床革以外の革を使って試作品を作ろうかと思っています。

ちなみに材料費は上記の4つ作っても1000円くらいの床革が余裕で余ります。床革は大きさ240デジくらい・厚み1mmです。あとはファスナー、糸、ホックくらいなので全て合わせても材料費は2000円くらいだと思います。
試作品を作るときは床革はとても助かります。

レザークラフトをやっていて必ずネックになってくるのが材料費です。床革でもある程度のものは作れますので、レザークラフト初心者の方には練習や試作用に特におすすめしています。