ラウンドファスナーの型紙製作

今回はラウンドファスナーの型紙製作について書いていきます。

ラウンドファスナーウォレットは作ったことあるので型紙自体はあるのですが、多少変更したい箇所もあったので、新たに型紙を作り直してみたいと思います。

前々からjwcadで型紙を作ってデータで管理しておきたかったので、今回はJWCADで型紙製作に挑戦してみようと思います。

 

まずはラウンドファスナーウォレットの型紙の寸法を決めます。

ラウンドファスナー

 

次にJWCADを使って型紙を作成していきます。

型紙

CADはAuto CADやCATIAは使った事あるのですが、jwcadは初めてで思ったより面倒でした。

直線と曲線が引ければそんなに難しくないけど、そんなに使わないから操作方法をすぐ忘れそう。

 

次にプリントするのですが、今プリンタが壊れていて使えないのでコンビニでプリントしてきました。

たまにコンビニのプリンタを利用してるのですが、家のプリンタはA4サイズまでしかプリントできないので三つ折りの財布の型紙が収まらないことがあります。そんな時はA3までプリントできるから結構ありがたいです。

型紙
・ちなみにセブンイレブンの普通紙プリントで白黒でB5/A4/B4/A3サイズ:1枚10円です。
・jwcadのデータを利用してコンビニ(セブンイレブン)でプリントする場合は一度PDFやJPEG、TIFFなどに変換する必要があります。

 

そして、方眼紙に貼ってカットして完成です。

レザークラフト、型紙

 

財布の型紙はそんなに複雑でもないので図面は手書きで描いて保存しておいて、型紙がボロボロになったらまたその寸法値で型紙を作り直せばいいとは思うのですが、R(半径)とRの交わるところや大きなRのところは、jwcadやその他のCADソフトを使った方が良いのかなーなんて思っています。

型紙

 

次回はこの型紙を使ってラウンドファスナーウォレットを製作してみたいと思います。

 

ブログランキング参加中です。

↓どちらか片方でもとポチッとして頂けると、うれしいです。


革・革小物 ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

最後までご覧いただきありがとうございました。