ミドルウォレット 試作品

レザークラフトを始めるまで正直ミドルウォレットはあまり馴染みのある財布ではありませんでした。

私の中で財布といえばロングかハーフでした。

 

ミドルウォレット

財布は紙幣、コイン、カードの規格があって基本的にはその条件に合わせて設計されているものだと思います。

私も初めの頃は少しでも奇抜で他にない新しい財布をつくってやろうと思ってたのですが、よくよく考えると決められた規格の中で作らないといけないので、コイン、カードケース、札入れなど機能はなかなかイジリようがないです。

もちろん素材やデザインでコンセプトなどで違いは出す事は可能だと思います。

 

ロングやハーフウォレットが規格条件に合わせて作られている財布に対してミドルウォレットはどちらかというと「この位の大きさの財布が欲しい」ところから始まっている気がします。

ロングやハーフウォレットが条件に合う機能を詰め込んで出来た大きさなのに対し、ミドルウォレットは財布のサイズが決まってその中に機能を詰め込んだイメージです。

個人的にはミドルは札入れが深くお札が取り出しにくい気がします。

しかし、ゆくゆくはレザー商品を販売したいと考えているので商品のラインナップとしてはミドルウォレットは外せないのかなと思っています。

次回はミドルウォレットの試作品作りを紹介したいと思います。

ではまた!

 

ブログランキング参加中です。

↓どちらか片方でもとポチッとして頂けると、うれしいです。


革・革小物 ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

最後までレザークラフトの記事を読んで頂きありがとうございました。