ロングウォレットの試作品作り

前回の差し込み式のロングウォレットの別バージョンです。

取り外し式の差し込みベルトの仕組みは同じですが、今回はかなりすっきりシンプルな形になったと思います。

ロングウォレット

前回
差し込み式

サイズは195 × 95

仕様は

コインケース(カブセ・ホック)、カードケース12、フリーポケット大2・小1

 

 

前回と一番の違いは差し込みベルトの取り付け方です。

前回は外径12.6mmのジャンパーホック4つで固定してました。

今回は外径15.0mmのジャンパーホック2つで固定してます。

ロングウォレット

ロングウォレット

差し込みベルト

財布は実際使ってみるので床革だと張りが無く、ベルト通しが通しづらいので久々に贅沢して一部のみサドルレザーを使ってみました。

久々に床革以外を縫いました。

 

差し込み式ベルトをホック2つで止めるだけで大丈夫と中には思われる人もいるかもしれないけど、フラップタイプのロングウォレットはホック1つだけで止めてるので、よっぽどでない限りいきなり外れる事は無いかと思います。

今のところは使っていて何の問題もありません。

 

あとは外装部のベルト通しを直接穴をあけてみたことでしょうか。

前回
長財布

今回
ベルト通し

これだとベルトの色を変えても違和感なさそう。

外装に直接穴をあけるのが嫌という人もいるかもしれないので、前回のベルト通しで色を外装と合わせるのも今後は試に作ってみたいとは思います。

 

ベルトを直線にしたことで、前回後ろポケットに入れるときに引っかかってたところは、少しは引っかかるけどだいぶ改善されました。

前回
差し込みベルト

今回
差し込みベルト

 

ちなみにこの作品はかなり前に作ったもので、この後さらに修正をして、すでにtwitterで最新の試作品の画像を公開しています。

その辺の話はまた順をおって紹介していきたいと思います。
(時系列がバラバラですみません。)

ロングウォレット

まだまだ、ミドルウォレットとか他の作品(試作)の紹介記事も書きたいのですが、中々そこまで時間が取れていません。

今後紹介していきたいと思いますのでお楽しみに!

 

話は戻りますが、厚みはベルトの最長部までで40mmくらいかな。

財布厚み

 

今後はこのベルトがセミロングタイプのウォレットに対応できたり、ベルトの色や形も含めてもう少し探ってみたいと思います。

 

内装はこんな感じです。

ロングウォレット

床革

かぶせ

 

 

ブログランキング参加中です。

↓どちらか片方でもとポチッとして頂けると、うれしいです。


革・革小物 ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

最後までレザークラフトの記事を読んで頂きありがとうございました。