ロングウォレットの差し込みベルトの製作

前回作った取り外しの出来る差し込みベルトのロングウォレットですが、色を変えたベルトを作ってみました。

色は赤でベルトのみ作ってみました。

差し込みベルト

 

前回のロングウォレット
ロングウォレット

 

 

では、いざ装着!

 

う~ん。

これは良いのか?悪いのか?

差し込み式ベルト

 

黒も赤もちょっと淡い色なのでなんとも言えないけど、床革じゃなくもっと艶のある革で作ったらいい感じになりそうな予感がします。

 

全体はこんな感じ。

悪くはないような気もします。

どうでしょう?

 

ロングウォレット

前回のベルトに合わせて全体を作ったのでベルト通しの色がナチュラルカラーで変だけど、外装の黒に合わせて作るか直接外装に穴をあけてベルト通しにすればもう少しマシになるかも?

 

ベルトの色がたくさんあれば気分や好みによって組み合わせが変えれるのが面白いかなと。

「差し込み式のベルトって意味あるの?」って人も多いと思うんですけど・・・・・実は私もそうでしたでもこれが案外いいんです。

 

出来るかわからないけど、今後はバックルとかギボシでしっかりベルトを固定できるタイプとかも作ったら結構面白いかもと思っています。

 

一応、並べて比べてみました。

差し込みベルト

差し込み式

今後は別にベルトを十字にする必要もなさそうだし、もう少しシンプルな形で挑戦してみようと思っています。

あとベルトは少し長すぎました。

 

 

ブログランキング参加中です。

↓どちらか片方でもとポチッとして頂けると、うれしいです。


革・革小物 ブログランキングへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。